copyright©2018 桂田税理士事務所. all rights reserved.

 

June 29, 2017

滋賀県大津市の桂田税理士事務所 事務局です。

子供1人あたりにかかる大学費用は、約400万円と言われています。この教育費の貯金に利用されるのが、「学資保険」・「定期預金」・「積立型の生命保険」などがあります。

これらの中から検討するに、自分自身が重要視するポイントを決めておくと、選択肢が絞りやすくなります。

たとえば、保護者に万が一のことがあった際も積立を続けたい方には、「学資保険」がおすすめです。学資保険は、保護者が死亡や高度障害状態になった場合に以後の保険料が免除になるうえ、満期には予定通りの金額が受け取れます。「定期預金」は、保護者...

June 27, 2017

滋賀県大津市の桂田税理士事務所 事務局です。

今日は、生命保険についてのお話をさせていただきます。テレビを観ていると、毎日のように生命保険のCMを見かけますよね。それだけ、保険の

種類が多様化し複雑になってきているということ

ではないかと思います。

では、これだけ多種多様な保険があると、まずはどこに相談して、何から始めればいいんだろうと

考えてしまいますよね。

まず頭に浮かぶのは、CMでおなじみの「保険の総合窓口」や銀行・郵便局などではないでしょうか。税理士事務所に相談しよう!!と思ったこと

がある方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

...

 滋賀県大津市で開業している税理士の桂田です。

7月からは個人事業主の方にとっては下半期のスタートです。

個人事業主の方の決算は12月です。そして確定申告は、翌年の3月15日までに申告し、納税する事になるのですが、年明けに税理士に相談するのでは、対策をしっかり取ることが出来ません。

理由は、大半の決算対策などは、決算を締める12月31日までに行う必要があるからです。

ですので、決算を締めてしまってから決算対策を行うことをほぼ不可能に近くなります。

滋賀の大津市や高島市で税金の御相談、確定申告、会社設立、決算などの相談は是非、お早めに桂田税理士...

 滋賀県大津市で開業している税理士の桂田です。

7月10日は上半期の源泉所得税の納付期限です。

給与や報酬から天引きしている源泉所得税は、原則としては翌月10日が納付期限なのですが、従業員が常時10人未満の事業所は、納期の特例申請書という書類を提出すれば、翌月10日の期限を半年に一回にする事が出来ます。

納期の特例を使った場合の、上半期の源泉所得税の納付期限が、7月10日という事になります。

個人事業主の方は、青色事業専従者などで奥様に給与を支給されている方も対象となります。

給与金額によっては源泉所得税が発生しますので、納付漏れのないように...

 滋賀県大津市で開業している税理士の桂田です。

経営をしていると、資金繰りが苦しい時、売上が思ったより上がらない時、業績が良い時、色々あります。

中でも苦しい時にどうやって乗り越えたか?という部分は非常に大事な部分だと思います。

開業して1年、2年で経営が苦しくなってきたので、廃業していては、周りからも、取引先からも、銀行からも信頼など得られません。

事業は継続する事が、社会的責任であると考えられます。

苦しい時、どうやって乗り越えるか、諦めないか、その覚悟を持って経営すべきだと思います。

そういう苦境を共に出来るビジネスパートナーでありたいと...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ