• 税理士 桂田隆史

年末調整で間違った場合どうしたら良い?


税理士の桂田です。

そろそろ年末調整の時期ですね。

年末調整は、会社員の確定申告を会社が社員に変わって行う事務作業です。

サラリーマンの方は会社で年末調整の書類を提出した記憶があるのではないでしょうか?

年末調整の書類は一般的には12月中頃までに会社の総務などに提出するのが多いと思います。

しかし、年が明けてから、奥様のパートの金額が意外に多かったり、後から控除証明書が見つかったりする場合があります。

この場合は、年末調整を再度行う事は出来るのでしょうか?

答えとして、実務上、その社員の方に単独で確定申告を行う事となります。

年末調整は会社員の確定申告を会社が代わりに行っているので、個人で確定申告を行うことで正しい年間所得に修正することが出来るのです。

実は、会社に間違っていたのですが・・・と後から連絡して、再度、年末調整を行うことも理論上出来るのですが、会社は沢山の従業員がおりますので、他の従業員の方にも迷惑がかかることがあります。

よって、御自身で確定申告を行う事で、誤った年末調整を修正することが出来ます。

#滋賀税理士変更経営税理士

最新記事

すべて表示

それって贈与税じゃないですか?

滋賀県大津市のおごと温泉駅前で開業している桂田税理士事務所です。確定申告もラストスパート。平成30年分の確定申告はお済みでしょうか? 昨年、土地や建物名義を子供に変えたなどの事実はありませんか?それは、れっきとした贈与になりますので、申告期限を過ぎた頃、税務署から電話があるかも知れません。 実は贈与税というのは、非常に高額な税金になり、恐ろしい税金です。 ですが、贈与をした翌年2月1日から3月15

【不動産収入、不動産譲渡所得、漏れていません?青色申告にすると有利です】

滋賀県大津市おごと温泉駅前の桂田税理士事務所です。 確定申告真っ最中ですが、不動産収入がある方の申告漏れを見受けることが多々あります。これくらいの収入であれば、申告しなくても・・・という感覚のようですが、立派な脱税です。 また、しっかり申告し、青色申告を受ければ、青色申告特別控除を受ける事が出来、所得税、住民税が減少します。 先祖代々の土地を、住宅開発の為に売却した、なんてありませんでしか?この場

         copyright©2018 桂田税理士事務所. all rights reserved.