• 税理士 桂田隆史

年末調整で間違った場合どうしたら良い?


税理士の桂田です。

そろそろ年末調整の時期ですね。

年末調整は、会社員の確定申告を会社が社員に変わって行う事務作業です。

サラリーマンの方は会社で年末調整の書類を提出した記憶があるのではないでしょうか?

年末調整の書類は一般的には12月中頃までに会社の総務などに提出するのが多いと思います。

しかし、年が明けてから、奥様のパートの金額が意外に多かったり、後から控除証明書が見つかったりする場合があります。

この場合は、年末調整を再度行う事は出来るのでしょうか?

答えとして、実務上、その社員の方に単独で確定申告を行う事となります。

年末調整は会社員の確定申告を会社が代わりに行っているので、個人で確定申告を行うことで正しい年間所得に修正することが出来るのです。

実は、会社に間違っていたのですが・・・と後から連絡して、再度、年末調整を行うことも理論上出来るのですが、会社は沢山の従業員がおりますので、他の従業員の方にも迷惑がかかることがあります。

よって、御自身で確定申告を行う事で、誤った年末調整を修正することが出来ます。

#滋賀税理士変更経営税理士

         copyright©2018 桂田税理士事務所. all rights reserved.