• 税理士 桂田隆史

【その会社(事業)の借入金、大丈夫?】


多くの中小企業が、金融機関より融資を受ける際、未だに保証人として社長がサインする場面が多くあります。

会社の借入の保証人に社長が印鑑を押すという事は、会社が返済できなければ、社長が個人の財産を売却してでも、会社の借入金を返済すると、銀行に約束しているのです。

万が一、社長に何かあった場合はどうなるでしょうか?

銀行は、会社も無くなって、社長もいなくなったし、諦めるかーってなるでしょうか?

答えは、一定の場合(相続放棄など)を除き、基本的には、社長が亡くなっても、銀行に借入金を返済しなくてはなりません。

でも一家の大黒柱を失った家族が、どうやって借入金を返済するのでしょうか?

多くの家庭では自宅の住宅ローンに団体信用保険を付けている為、万が一があっても、自宅は家族のものとなります。

ですが、会社の借入金には、そういう保障がありません。

ですので、自宅は家族のものに出来るのですが、会社の借入金を返済する為に、折角の自宅を売却しなくてはならないという事になることもあります。

実は、会社の社長が亡くなられて、ご家族が家を売却せざるを得なくなって、中古の空家が売りに出されている事も身近に起こっている事なのです。

こういった事態を避ける事を、「企業防衛」と言います。

会社を守る、社長の家族を守る為、今、会社にいくらの保障が必要か、その金額を知ることが、企業防衛の第一歩です。

桂田税理士事務所では、関与先の皆様には、無料で企業防衛策

を提案しています。お気軽に御相談下さい。

#滋賀税理士変更経営税理士

最新記事

すべて表示

それって贈与税じゃないですか?

滋賀県大津市のおごと温泉駅前で開業している桂田税理士事務所です。確定申告もラストスパート。平成30年分の確定申告はお済みでしょうか? 昨年、土地や建物名義を子供に変えたなどの事実はありませんか?それは、れっきとした贈与になりますので、申告期限を過ぎた頃、税務署から電話があるかも知れません。 実は贈与税というのは、非常に高額な税金になり、恐ろしい税金です。 ですが、贈与をした翌年2月1日から3月15

【不動産収入、不動産譲渡所得、漏れていません?青色申告にすると有利です】

滋賀県大津市おごと温泉駅前の桂田税理士事務所です。 確定申告真っ最中ですが、不動産収入がある方の申告漏れを見受けることが多々あります。これくらいの収入であれば、申告しなくても・・・という感覚のようですが、立派な脱税です。 また、しっかり申告し、青色申告を受ければ、青色申告特別控除を受ける事が出来、所得税、住民税が減少します。 先祖代々の土地を、住宅開発の為に売却した、なんてありませんでしか?この場

         copyright©2018 桂田税理士事務所. all rights reserved.