copyright©2018 桂田税理士事務所. all rights reserved.

 

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

【2018年、年明けからは、確定申告手続きが始まります。青色申告で平成30年分の確定申告からは有利に】

December 30, 2017

滋賀県大津市のおごと温泉駅前の桂田税理士事務所です。

 

税務の手続きには期限があります。その期限を守らないと有利な処理を行うことが出来ません。

 

一番有名なものに、個人事業主の確定申告の「白色申告」と「青色申告」の2種類があります。実はそれぞれ違いがあります。

 

まず、白色申告では、収支を単純に計算する「単式簿記」の方法で帳簿をつければよいことになっています。特別な手続きは不要なのでめっちゃ簡単ですね。

 

一方の青色申告の場合は、白色申告よりも手間がかかります。しかし、青色申告で複式簿記で記帳を行えば、65万円の特別控除を受けることができます。これこそが青色申告を行う一番のメリットだといえるでしょう。65万円の経費を上乗せ出来るイメージになるので、所得税や住民税、国保までも安くなってしまうんです!!

 

 

複式簿記って難しそうじゃない?って思われる方も多いのですが、今は会計ソフトも進化していますし、思ったよりやり易いです。

 

複式簿記で青色申告を行った場合のメリットは、最高65万円の特別控除だけではありません。赤字を3年間にわたって繰越しできたり、貸倒引当金の一括処理ができたりと、そのほかにも多くのメリットがあります。これらすべてのメリットを効率よく使いたい為に税理士事務所を利用されるお客様も多いです。

 

以前は、白色申告は帳簿をつける義務がなく、青色申告に比べて負担がかなり少なかったのですが、2014年1月から白色申告にも記帳と帳簿保存が義務化されました。

 

単式簿記とはいえ、白色申告でもどうせ記帳しなければならないのならば、節税効果の高い青色申告にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

納税が心配だ、決算が不安、これから事業や会社経営を一緒に考えてくれる税理士さんにお願いしたいという方がいらっしゃれば、是非、桂田税理士事務所を御紹介下さい。

HP https://www.tax-katsurada.com/

(※個人情報の関係上コメントに対して返信は出来ません。事務所電話077-576-1280 事務所メール t-katsurada@tax-katsurada.com までお願いします。)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索